商品について

Q商品の状態について
A商品は全てアンティークのため、シミや欠けのある商品も中にはございます。ただそれらは不良品ではなく、長い時間使われ受け継がれた商品である証拠と私たちはとらえています。目立つ汚れやキズは、商品詳細に記載しておりますが、やはりアンティーク商品特有の古さを感じさせる特徴はどの商品にもございます。その点をアンティークならではの味わいとしてご理解ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、数日で発送いたします。ご注文のタイミングやご注文内容によっては、発送準備にお時間がかかる場合もございます。予めご了承ください。

配送について・ご注文について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸とゆうパックをお選び頂けます。商品によってはヤマト運輸のみとなる場合がございます。送料は各商品詳細でご確認ください。 なお、お届け地域は日本国内の全国へお届けいたします。
Qお取り置きについて
Aお問い合わせにて承っております。お取り置き期間は1週間です。 お支払い方法や発送に関しての詳細は、お問い合わせ時にご案内しております。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A注文後のキャンセル及び発送後の返品は受付できかねます。ただし、配送時の破損または誤配送の場合のみ、返品を受け付けいたしますので、その際は到着後5日以内にご連絡いただき、着払いにてお送りください。 商品は全てアンティークです。中には欠けやシミのある商品もあります。商品の状態や目立つ欠けや傷は商品紹介に記載しておりますが、このようなアンティークの特性をご理解いただいた上で、ご注文いただきますようお願いいたします。
Q商品を交換したい
A配送時の破損または誤配送の場合のみ交換可能です。配送時の破損の場合は、在庫があれば交換を受付いたしますが、ほとんどの商品が1点ものになるため、在庫がない場合は交換不可となります旨、予めご了承ください。また誤配送の場合は、到着5日以内にまずご連絡ください。その後、返品及び交換のお手続きを進めさせていただきます。

2019/04/10 17:22

以前、La Voitureさんのタルトタタンがきっかけで、面白い本を見つけたとお伝えしましたが

そこにはタルトタタンの興味深い歴史が紹介されていました。


先日のブログはこちら




タタン姉妹はロワール河にもほど近いSologne(ソローニュ)のLamotte-Beuvronという地でオーベルジュを経営する両親の間に生まれます。

姉のStéphanie(ステファニー)と妹のCaroline(キャロリンヌ)もまた、オーベルジュを経営して、今も残るHôtel TatinLamotte-Beuvron(ラモット=ブヴロン)駅の前に作ります。

リンゴのタルト、Tarte aux Pommes(タルト・オ・ポム)は、両親のオーベルジュ、そしてHôtel Tatinでも出され、評判のタルトだったとか。

タタン姉妹は1906年にHôtel Tatinを売却しますが、オーベルジュはその後も引き継がれて今もLamotte-Beuvronに残っています。


Hôtel Tarin(ホテル・タタン)

https://www.hotel-tatin.fr


でもこの小さな村で評判のタルトが、どうやって広まっていったのでしょうか?

実はタタン姉妹直筆によるレシピや誕生秘話にまつわる記述は残っていないそう。


Henri Delétang氏の著書によると、Stéphanieのレシピを元にした地元の女性のメモが、レシピとして残っている最も古いものなのだとか。

その後、1926年に有名な料理批評家Curnonskyが「La France gastronomique(美食のフランス)」という本の中でタルトのレシピを紹介します。

さらにのちの1950年代に、このCurnonskyのレシピを元にしたタルトを、パリのレストラン「Maxim’s」がメニューに取り入れます。そのタルトの名前が、「タタン姉妹のタルト」。これがフランス中に知れ渡るきっかけになったと言われています。


あと気になるのは、タルトタタンが失敗から生まれたという話。

Hôtel Tatinでも紹介している、タルト生地を忘れてしまって後でのせた話が有名ですね。

実は、他にも様々な誕生秘話があるのだとか。焦げたリンゴを隠すためにタルト生地をのせた話や、中にはナポレオン3世が出てくる話もあるそう。(ナポレオン3世とタタン姉妹の年代は全く合わないのに!)

タルトを広めるために話を膨らませたとも言われていますが、本当にところはどうなんでしょうね。


ただ、タタン姉妹のタルトは焦げやすかったというのは本当みたいです。

というのは、当時彼女たちはかまどで作っていたので、この場合焦げやすいのも当然なのだとか。

Hôtel Tatinにはなんとまだこのかまどが残っているんですって)

ですが、ここにひっくり返すタルトの秘密があるようにも思えてきます。

また、彼女たちはよく熟れたリンゴを使うことで、酸味のあるリンゴの果汁をしっかりと厚めのタルト生地に染み込ませていたそう。


何よりも、ここまで愛されるようになったのは、その美味しさゆえ。

タタン姉妹、ありがとう!



-----------------


写真のりんご on りんごのボルはLuneville(リュネヴィル)のものです。

詳細はこちらです。