商品について

Q商品の状態について
A商品は全てアンティークのため、シミや欠けのある商品も中にはございます。ただそれらは不良品ではなく、長い時間使われ受け継がれた商品である証拠と私たちはとらえています。目立つ汚れやキズは、商品詳細に記載しておりますが、やはりアンティーク商品特有の古さを感じさせる特徴はどの商品にもございます。その点をアンティークならではの味わいとしてご理解ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、数日で発送いたします。ご注文のタイミングやご注文内容によっては、発送準備にお時間がかかる場合もございます。予めご了承ください。

配送について・ご注文について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸とゆうパックをお選び頂けます。商品によってはヤマト運輸のみとなる場合がございます。送料は各商品詳細でご確認ください。 なお、お届け地域は日本国内の全国へお届けいたします。
Qお取り置きについて
Aお問い合わせにて承っております。お取り置き期間は1週間です。 お支払い方法や発送に関しての詳細は、お問い合わせ時にご案内しております。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A注文後のキャンセル及び発送後の返品は受付できかねます。ただし、配送時の破損または誤配送の場合のみ、返品を受け付けいたしますので、その際は到着後5日以内にご連絡いただき、着払いにてお送りください。 商品は全てアンティークです。中には欠けやシミのある商品もあります。商品の状態や目立つ欠けや傷は商品紹介に記載しておりますが、このようなアンティークの特性をご理解いただいた上で、ご注文いただきますようお願いいたします。
Q商品を交換したい
A配送時の破損または誤配送の場合のみ交換可能です。配送時の破損の場合は、在庫があれば交換を受付いたしますが、ほとんどの商品が1点ものになるため、在庫がない場合は交換不可となります旨、予めご了承ください。また誤配送の場合は、到着5日以内にまずご連絡ください。その後、返品及び交換のお手続きを進めさせていただきます。

2019/02/27 17:21

最近はめっきり春めいてきましたね。

暖かくなると、いつもはバスや電車を使っていた移動も歩くことが多くなりました。

普段は自転車を使うことも多いのですが、愛車は今チューニングに出しているため、そのこともあって、もっぱら歩くことが多くなりました。

歩くと自転車やバスでは見落としていたスポットを見つけたりと、なかなかいいことも多いですよ。


ところでみなさん、タルトタタンはお好きですか?

「タルトタタン」は、フランスのタタン姉妹がお客さんの注文を受けてアップルパイを作ろうとしたところ、パイ生地を忘れたことに気づき、あとでキャラメリゼしたリンゴの上に乗せて仕上げたと、失敗からできたタルトと言われているデザートです。


今日はふとタルトタタンが食べたいなと思い、「La Voiture」さんへ行ってきました。

「La Voiture」は平安神宮の近くにあるお店。学生時代からPaulineはここのタタンが大好きなのです。

うれしいことに、今は歩いて行ける場所になったので、平日の落ち着いている時間帯に、たまにケーキを食べに行きます。

(週末は外に行列ができるほど、大にぎわいです)





いつもは店内でいただくのですが、今回はお持ち帰りにしてみました。

タルトがちょうど収まるボックスがかわいい。しかもちゃんとリンゴのマークが。




リンゴはなんと4時間以上かけて煮込んでいるとか。

キャラメリゼされた表面から、パイ生地に近い底にかけて、リンゴの層がグラデーションになっています。

このリンゴがとっても柔らかく、一口たべると甘酸っぱさがふわっと口の中で広がります。

このタルトのレシピは、先代の店主がフランスで食べた味を再現したオリジナルレシピだそう。

今はお孫さんが受け継いで作っていらっしゃいます。お店には先代の店主の写真も飾ってあります。




お店ではプレーンヨーグルトが添えられてサーブされます。

ヨーグルトの酸味とリンゴの甘さのバランスがちょうどよく、このハーモニーも絶妙です。

でもちょうど家ではヨーグルトを切らしていたので、今日はこのままでいただきました。

フランスでは、バニラアイスクリームやクレームフレッシュ(ゆるめのクリーム)が添えられることが多いですね。


お店のカードもかわいい。




リンゴなので、今日はお皿もリンゴにしてみました。

このデザート皿は私も普段からよく使っているのですが、サイズも使いやすく、食べ終わった後に出てくるリンゴにいつもほっこりします。



お皿の詳細はこちら→


タタン姉妹のことを何気なく調べていたら、なんとフランスではタルトタタンの歴史を書いた本が出版されているんですね。

タイトルは「La Tarte Tatin, Histoire et Légende(タルトタタン、歴史と伝説)」。

フランス中部Sologne(ソローニュ、フランスの地方)の歴史・考古学の専門家Henri Delétang氏によって書かれた本で、紹介文を読むと、タルトタタンの通説を史実から紐解き、タルトタタンの歴史を探るという内容。Sologne(ソローニュ)はタタン姉妹が生まれ、また彼女たちが経営しリンゴのタルトを出していたHôtel Tatinのあった場所でもあります。なんだか面白そう!


この内容はまた次回に紹介しますね。

京都に来られることがありましたら、ぜひ一度このタルトタタンを食べてみてください。おすすめです!


La Voitiure (ラ・ヴァチュール)

京都府京都市左京区聖護院円頓美町47-5