商品について

Q商品の状態について
A商品は全てアンティークのため、シミや欠けのある商品も中にはございます。ただそれらは不良品ではなく、長い時間使われ受け継がれた商品である証拠と私たちはとらえています。目立つ汚れやキズは、商品詳細に記載しておりますが、やはりアンティーク商品特有の古さを感じさせる特徴はどの商品にもございます。その点をアンティークならではの味わいとしてご理解ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、数日で発送いたします。ご注文のタイミングやご注文内容によっては、発送準備にお時間がかかる場合もございます。予めご了承ください。

配送について・ご注文について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸とゆうパックをお選び頂けます。商品によってはヤマト運輸のみとなる場合がございます。送料は各商品詳細でご確認ください。 なお、お届け地域は日本国内の全国へお届けいたします。
Qお取り置きについて
Aお問い合わせにて承っております。お取り置き期間は1週間です。 お支払い方法や発送に関しての詳細は、お問い合わせ時にご案内しております。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A注文後のキャンセル及び発送後の返品は受付できかねます。ただし、配送時の破損または誤配送の場合のみ、返品を受け付けいたしますので、その際は到着後5日以内にご連絡いただき、着払いにてお送りください。 商品は全てアンティークです。中には欠けやシミのある商品もあります。商品の状態や目立つ欠けや傷は商品紹介に記載しておりますが、このようなアンティークの特性をご理解いただいた上で、ご注文いただきますようお願いいたします。
Q商品を交換したい
A配送時の破損または誤配送の場合のみ交換可能です。配送時の破損の場合は、在庫があれば交換を受付いたしますが、ほとんどの商品が1点ものになるため、在庫がない場合は交換不可となります旨、予めご了承ください。また誤配送の場合は、到着5日以内にまずご連絡ください。その後、返品及び交換のお手続きを進めさせていただきます。

2017/12/14 13:29

11/25、26の台北での展示は、おかげさまで忘れられない思い出になりました。

場所を提供してくれたギャラリーGu Juの皆様の協力もあり、初めての海外での展示でしたが、なごやかに時間が流れ、2日間はあっという間でした。




PaulineはGu Juの1Fのカフェエリアの、オーナーが集めたアンティーク家具などが並ぶ一角に展示させていただきました。
台湾や日本やヨーロッパから集まったオーナーのアンティークに、フランスのアンティークはすっとなじみ、まるでそこにずっとあったみたい。アンティークの良さは、時間を経てきたからこそ、同じく時を経てきた空間にすっとなじみやすいことだなと改めて思いました。



ご来店いただいた皆さまには商品について紹介させていただいたり、お話も少しさせていただくこともできました。
日本を経由してフランスから来たアンティークへの皆さまの反応も新鮮で、とても貴重な体験でした。



Gu Juは迪化街のメインストリートを横に一本入った通りにあります。
普段はメインストリートは人で込み合うのですが(日曜は歩行者天国になるのですごい人でした)、Gu Juのある通りは程よい静けさがあります。
同じ通りには、レザー用品のアトリエやカフェ、雑貨屋などが並びます。
ギャラリーを見にに来る方以外にも、裏通りを探索する方がふらっと立ち寄ることも少なくないそうです。
開催期間中も、偶然通りかかった方がGu Juで足を止めるということも何度かありました。



開催期間中は、2階の展示エリアで台湾在住のイタリア人建築家の都市計画デザインの展示もありました。
台北でニュイ・ブランシュの空間デザインを手がけた方だそうです。
ニュイ・ブランシュは、パリ市が毎秋におこなう一夜限りの現代アートの祭典で、日本ではパリの姉妹都市の京都で行われています。
台北でも10月に行われ、約2キロに及ぶ通りで大学やテーマパークをうまく活用した、まさに街をデザインしたイベントだっとのこと。



Gu Juのカフェでは美味しいコーヒーとケーキをいただけます。ケーキは定期的に変わるとのこと。今回Paulineはチョコレートケーキとチーズケーキをいただきました。どちらもとっても濃厚でコーヒーによく合います。
またカフェでは台湾のクラフトビールもいただけます。こちらもすっきりとしてとても美味しかったです。
朝昼はコーヒーでブレイク、1日が終わったらビールで乾杯というのが、展示期間中のルーティンでした。楽しかったなぁ。



迪化街は台北でも古い町並みが残るエリア。以前から大好きな街だったので、毎朝ホテルからGu Juに行く道をわざと遠回りをして、街を散策しました。朝ごはんをいただけるお店は朝早くから賑わっていて、美味しそうな匂いに誘われて魚のお団子とするめのスープをいただきました。オープンテラスとも言える開放的な席で、忙しそうに通りを行き交う商人を見ながら食べていると、お腹も満たされ1日がんばるぞ!という気分になりました。




台北の皆さんが本当に温かく迎えてくださったのが、今回の展示の一番の思い出です。
また機会があれば行きたいなと思います。謝謝!