商品について

Q商品の状態について
A商品は全てアンティークのため、シミや欠けのある商品も中にはございます。ただそれらは不良品ではなく、長い時間使われ受け継がれた商品である証拠と私たちはとらえています。目立つ汚れやキズは、商品詳細に記載しておりますが、やはりアンティーク商品特有の古さを感じさせる特徴はどの商品にもございます。その点をアンティークならではの味わいとしてご理解ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、数日で発送いたします。ご注文のタイミングやご注文内容によっては、発送準備にお時間がかかる場合もございます。予めご了承ください。

配送について・ご注文について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸とゆうパックをお選び頂けます。商品によってはヤマト運輸のみとなる場合がございます。送料は各商品詳細でご確認ください。 なお、お届け地域は日本国内の全国へお届けいたします。
Qお取り置きについて
Aお問い合わせにて承っております。お取り置き期間は1週間です。 お支払い方法や発送に関しての詳細は、お問い合わせ時にご案内しております。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A注文後のキャンセル及び発送後の返品は受付できかねます。ただし、配送時の破損または誤配送の場合のみ、返品を受け付けいたしますので、その際は到着後5日以内にご連絡いただき、着払いにてお送りください。 商品は全てアンティークです。中には欠けやシミのある商品もあります。商品の状態や目立つ欠けや傷は商品紹介に記載しておりますが、このようなアンティークの特性をご理解いただいた上で、ご注文いただきますようお願いいたします。
Q商品を交換したい
A配送時の破損または誤配送の場合のみ交換可能です。配送時の破損の場合は、在庫があれば交換を受付いたしますが、ほとんどの商品が1点ものになるため、在庫がない場合は交換不可となります旨、予めご了承ください。また誤配送の場合は、到着5日以内にまずご連絡ください。その後、返品及び交換のお手続きを進めさせていただきます。

2017/10/24 19:56

今度は仕事で、スペインのバスク地方のサン・セバスチャンに行ってきました。
フランスのビアリッツにほど近い街です。
パリからだとビアリッツやバイヨンヌからバスで行けて、雰囲気もガラリと変わるので、ヴァカンス先としても有名です。
同じスペインでも、こないだ行ったガリシアともまた全く違う雰囲気。




パリはもう上着無しだと出かけられないくらいの気候。Paulineもセーター姿でサン・セバスチャンに着きましたが…、暑い!滞在中、日中は25~27度くらいでした。さすがに夜は冷えましたが、日中は半袖が必要でした。

ビーチも泳ぐ人、水着姿で、ひたすら波打際を歩く人がたくさんいました。何かの健康法かな?
ちゃっかり水着を持ってきたPaulineも、2度も泳ぎに行きました。20時でも、水温がそれほど低くなく、気持ちよかったです。ただ、ビーチによっては波が高い!


このビーチはなんと、ヌーディストもチラホラいました。優雅に(?)真っ裸で、こんな街中にほど近い浜辺を闊歩する人たちを見たのは初めてかも。なんでおおらかな国だろう。。。

サーフィンをする人も沢山いて、かっこよかったなぁ。
なので、街にはサーフィンボード片手に、裸足でこうして歩いてる人をよく見かけました。



街で見かけたと言えば、カタルーニャ独立運動の行進をする若者たちの姿も。ニュースで耳にした方もおられるでしょう。このグループは10代から20代の、とても若い人たちが多かったです。ピリピリとした雰囲気ではなく、もっとのどかな雰囲気だったのが印象的でした。



夕方もとても綺麗。夜景はキラキラとライトアップされてグッと華やかでした。




美食の街としても知られる、ここサン・セバスチャン。
新市街と旧市街があり、私たちは旧市街の方へよく繰り出しました。
ピンチョスや大きなハムがずらりと並ぶ姿は壮観でした。素晴らしいバーの文化を堪能しました。地元の人たちが、立ち飲みで、ささっと食べて、クイッと呑んで次のバーへと出かけていく姿がかっこいい!!こんなとこ、近所にあったら通っちゃうなぁ。。。





どのバーに行こうかな?と、カウンターの上やバーの装飾をついつい見がちですが、下もよく見て!紙ナプキンが沢山落ちてるところが、美味しい証拠なんですよ!!
でも、この風習、国際化の波によって消えつつあるのだそう。そういえば、何年か前この街を訪れた時は、もっと散らかったバーが沢山ありました。でも、やっぱりただ散らかってるだけに思って、敬遠する観光客も多いんだとか。なので、最近は、ある程度ゴミがたまると店員さんが片付けちゃうそうです。




ピンチョスのお勘定も、前は完全自己申告制だったけど、今はどのバーもだいたい、ついてその都度計算してくれるバーテンダーさんがいました。やっぱり、ズルをする外国人観光客が増えすぎたためだそうです。
こうやって時代は変わるのかと思いつつ、悲しく、残念に思いました。



市場の隣にあったバーは、すぐ横の広場で、ジプシーの家族が弾き語りをしていました。歌い手の男の子はまだ十代、ギターーをかき鳴らすのは彼のお父さん。この演奏が素晴らしく、バーにいた人たちは、一緒に歌ったり踊ったり、大騒ぎでした。
Pauline、あまりに素敵な歌声に感化され、下手くそですが、頑張ってビデオを撮りましたよー。



バーで隣にいたマダム曰く、彼が歌うのはどれも伝統的な歌ばかりだそう。こんな若い子が伝統を継承しているのは、本当に美しくて喜ばしいこと!と語っておられました。私も感激しました。

音楽や踊りが特別なものではなく、街にあふれていました。羨ましい!
土曜日のお昼もバーでピンチョスをつまんでいたら、何やら外が騒がしい。
出てみると、音楽隊と周りでノリノリで踊る人達がいっぱい。いいなぁ、陽気だなぁ。ラテンの血を感じずにはいられません。




またさらに、スペインへの愛を深めたPaulineでした。
パリからも本当に簡単に行けるので、ぜひぜひ、行ってみてください。英語も仏語も喋る人が多く、スペイン入門の街としてもいいかもしれません。