商品について

Q商品の状態について
A商品は全てアンティークのため、シミや欠けのある商品も中にはございます。ただそれらは不良品ではなく、長い時間使われ受け継がれた商品である証拠と私たちはとらえています。目立つ汚れやキズは、商品詳細に記載しておりますが、やはりアンティーク商品特有の古さを感じさせる特徴はどの商品にもございます。その点をアンティークならではの味わいとしてご理解ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、数日で発送いたします。ご注文のタイミングやご注文内容によっては、発送準備にお時間がかかる場合もございます。予めご了承ください。

配送について・ご注文について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸とゆうパックをお選び頂けます。商品によってはヤマト運輸のみとなる場合がございます。送料は各商品詳細でご確認ください。 なお、お届け地域は日本国内の全国へお届けいたします。
Qお取り置きについて
Aお問い合わせにて承っております。お取り置き期間は1週間です。 お支払い方法や発送に関しての詳細は、お問い合わせ時にご案内しております。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A注文後のキャンセル及び発送後の返品は受付できかねます。ただし、配送時の破損または誤配送の場合のみ、返品を受け付けいたしますので、その際は到着後5日以内にご連絡いただき、着払いにてお送りください。 商品は全てアンティークです。中には欠けやシミのある商品もあります。商品の状態や目立つ欠けや傷は商品紹介に記載しておりますが、このようなアンティークの特性をご理解いただいた上で、ご注文いただきますようお願いいたします。
Q商品を交換したい
A配送時の破損または誤配送の場合のみ交換可能です。配送時の破損の場合は、在庫があれば交換を受付いたしますが、ほとんどの商品が1点ものになるため、在庫がない場合は交換不可となります旨、予めご了承ください。また誤配送の場合は、到着5日以内にまずご連絡ください。その後、返品及び交換のお手続きを進めさせていただきます。

2017/09/19 16:02

Paulineがよく行く、Roscoffの港のほとりのバーにも私たち日本人に馴染み深い美味しいものがあります。
バーのイチオシのおつまみ、地元のソーセージとワカメのタルタル!最初はどうかな??と思ったのですが、このタルタル、田舎パンと塩バターとの相性がぴったりで、とても美味なのです。なんと、ビールにもワカメが使われています。想像しにくいですが、味は、磯の香りがふっとする感じかな。



ブルターニュでは、ワカメや昆布などの海藻類はがたくさん採れるのですが、もともと食す文化がなかったため、畑の肥料に使われたりしていました。でも、あまりにもたくさん採れるため、持て余して浜辺で腐ってしまって、公害にも繋がっていた、厄介者だったそうです。
ところが、近年の日本食ブームで注目が高まり、いろいろと開発が進んでいるそう。パリのbioショップでも、出汁をとるための昆布(その名も、Kombu Breton!)をよく見かけるようになりました。食べ物のみならず、石鹸やパックなどの化粧品の開発も進んでいるとか。
なんだか嬉しいですね。

地ビール。ブルターニュにはたくさんオリジナルのビールがあります。ラベルが素敵なのも楽しいです。
アパートで自炊する時ももっぱら飲むのは地元のビール。青いラベルのワカメのビールと、クールな女の子がトレードマークのPaulineお気に入りのビール。



ラベルに描かれているこのペンギンみたいな鳥は、フランス語でle macareux moineという鳥で、ブルターニュの北部を含む一部でしか見られない、とても珍しい鳥。



白いオコジョの描かれた白ビール。白いオコジョは清廉潔白の象徴として、ブルターニュ公国の紋章にも描かれ、現在も使われているブルターニュの旗のデザインの起源のひとつにもなっています。



スイーツもオススメです。
街のパン屋さんにも、ブルターニュならではのお菓子が並んでいて、どれも美味しいです。
ある日のおやつは、バターがきいてどっしりしているクイニーアマンや、プルーンが入ったファーブルトン、分厚いクッキーみたいなパレ。どれも気取ったところのない素朴な味です。



パリでも、お菓子やビール、瓶詰めの魚スープや缶詰の魚などは、大きなデパートや専門店でブルターニュの特産品を買うことができます。バターもブルターニュ産のものがスーパーマーケットでも買えますね。

実は何度か開催した、大阪でのブロカントのイベントに、ブルターニュ産のバターなどを持って、フランスのアペロを再現したことがあるのです。またいつか、Paulineのイベントをする時にでも、何か持っていけたらいいなぁ。
みなさんにも、ぜひブルターニュの味をぜひ味わっていただきたいです。