商品について

Q商品の状態について
A商品は全てアンティークのため、シミや欠けのある商品も中にはございます。ただそれらは不良品ではなく、長い時間使われ受け継がれた商品である証拠と私たちはとらえています。目立つ汚れやキズは、商品詳細に記載しておりますが、やはりアンティーク商品特有の古さを感じさせる特徴はどの商品にもございます。その点をアンティークならではの味わいとしてご理解ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、数日で発送いたします。ご注文のタイミングやご注文内容によっては、発送準備にお時間がかかる場合もございます。予めご了承ください。

配送について・ご注文について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸とゆうパックをお選び頂けます。商品によってはヤマト運輸のみとなる場合がございます。送料は各商品詳細でご確認ください。 なお、お届け地域は日本国内の全国へお届けいたします。
Qお取り置きについて
Aお問い合わせにて承っております。お取り置き期間は1週間です。 お支払い方法や発送に関しての詳細は、お問い合わせ時にご案内しております。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A注文後のキャンセル及び発送後の返品は受付できかねます。ただし、配送時の破損または誤配送の場合のみ、返品を受け付けいたしますので、その際は到着後5日以内にご連絡いただき、着払いにてお送りください。 商品は全てアンティークです。中には欠けやシミのある商品もあります。商品の状態や目立つ欠けや傷は商品紹介に記載しておりますが、このようなアンティークの特性をご理解いただいた上で、ご注文いただきますようお願いいたします。
Q商品を交換したい
A配送時の破損または誤配送の場合のみ交換可能です。配送時の破損の場合は、在庫があれば交換を受付いたしますが、ほとんどの商品が1点ものになるため、在庫がない場合は交換不可となります旨、予めご了承ください。また誤配送の場合は、到着5日以内にまずご連絡ください。その後、返品及び交換のお手続きを進めさせていただきます。

2017/08/03 19:36

次に行った街が、Pontevedra(ポンテヴェドラ)。コンバロに比べると、遥かに都会な街でした。
そのせいか、英語が通じるお店も幾つかありました。カフェやレストラン、バー、洋服のお店なんかも至る所にありました。
大きな広場の周りには遺跡や、アート作品も。





どのお店にも、蛸、タコ、たこ。必ず蛸がありました。
それでも、この街で通ってしまったのが、蛸専門店。
街に幾つかあったのですが、定番の蛸のガリシア風はもちろん、蛸のおじや、蛸とチーズのオーブン焼きや、蛸コロッケ、、などいろいろ試したくなるものばかり。蛸のサンドウィッチや、蛸のパニーニなんていうのもありました。





そして、蛸と同じくらいガリシアで食べられているものが、シシトウに似た、と言うか、シシトウそっくりの野菜の素揚げ、ピメントス・デ・パドロン。これもとても美味!!たまに辛いのがあるから気をつけて!と店員さんが言うので、ドキドキしながら食べました。



この街でも、ピンチョスは当たり前に出てきて楽しい限りでしたが、ポンテヴェドラは朝ごはんも面白いんです!
飲み物を頼むと、オレンジジュースやチュロスが自動的に出てくるんです。
みんなそれに追加して、ハムサンドや、チョリソーサンド、トマトトーストなんかを頼んでいました。しかもそれに、オリーブオイルをぱーっとかけて頂いてました。



また、ある朝、朝ごはん後の散策をしていて、たまたま見つけたカフェに入った日のこと。私が頼んだのは、豆乳コーヒーとミネラルウォーターだけなのに、搾りたてオレンジジュース、チュロス、ポテトサラダが続々と運ばれてきます。
キョトンとしていると、カフェのおじさん、「セリョーラ、朝ごはんまだでしょう?」ですって! おじさん、もう11時半なのに。。。という訳で、その日二度目の朝ごはんをいただきました。
次の日も同じカフェにほぼ同じ時刻に行ったら、この日のピンチョスはチョリソー!朝からチョリソー、周りの人は、ついつい朝からビールの方もおられましたよ。



朝ごはん、昼ごはん、夜ごはん、みんなのーんびり遅めにいただくのがスペイン流みたい。
しかも、パリはカフェやバーの飲み物の値段が高騰していますが、スペインのカフェはとってもお財布に優しい。気兼ねなくハシゴができるのが楽しかったです。

そうそう、スペインというと、太陽燦々なイメージですが、ここガリシア地方の気候は、夏でもそこまで気温は上がらず、半袖では寒い日もあり、また、まるでスコールのような雨が降ることがとても多かったです。毎日通り雨に出くわしました。羽織れるものと、雨具の準備はあったほうがいいですね。

今回は一週間の滞在でしたが、全然足りない。。。すっかりはまってしまった、魅力たっぷりのガリシア地方。
山側のサンジャック・デ・コンポステーラの巡礼の道も歩いてみたいし、オウレンセには、なんと日本のスーパー銭湯をモデルに作った、天然温泉があるとか。行ったことのあるスペイン人の友人が言うには、至る所に法被が飾ってあるんですって!
それから、ヴィーゴや近郊の町からフェリーで渡れる島々も、宝石のように綺麗なんだそう。。いいなぁ、ガリシア地方、またいつか必ず再訪したいです。